RSS | ATOM | SEARCH
ロイヤルミルクティーとともに、ちょいとお休みしました。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

本来ならば、今日は朝から予定がある日でした。

 

ですけれど、ちょっと体調が思わしくなく、午前の予定をしぶしぶキャンセルしました。来週に予定を伸ばしていただいて、動けるようになるまで休んでいました。

 

なんでわたしの体はこうかなあ、とか、気合が足りないんじゃないかなあ、とか、そういう思考も過ぎりましたが、考えないようにしました。だって治療してくださってるお医者さまや看護婦さんたちが「休むべきは休め」と繰り返してくださってるから。他人に繰り返してもらってる言葉、言葉をもらってるわたしが否定したらあかんでしょう。だから正午まで休んで、午後の予定を消化しました。

 

それでもちょいと疲れたから、午後に甘いロイヤルミルクティーを淹れました。

 

数日前のブログを読んでいる方、同じ本を読んでいる方には「もしかして」と思われるかもしれませんね。そう、「宝石商リチャード氏の謎鑑定」に登場する飲み物なのです。あれから続刊を大人買いいたしまして、読みまくったのですけれど、頻繁に登場するロイヤルミルクティーをついつい飲みたくなったのでした。牛乳も茶葉もちょうど家にありますからね。

 

久々に作ったロイヤルミルクティー。わかっていたことですが、おいしいのですけれど、後片付けが大変です。でも小説には後片付けが大変、なんて書いてないんだよなあ。これは語り手兼ロイヤルミルクティーの作り手でもある青年の信条を表しているようにも感じます。まあ、お仕事だから大変だとは思わない、という考えもあるでしょうけれど、それだけではないようにも思えました。うふふ、わたしはこの本が本当に大好きになりまして、少々辛いところなのです。あーっ、新刊が今年6月に出たばかりだから辛い。もっと読みたい。でも逆にいう。リアルタイムでこれまでの本を読んでいたら、もっともどかしかっただろうなあ、と。

 

そんなこんなを、ロイヤルミルクティーを飲みながら書いていると、だいぶ元気になりました。うん、これからがわたしの自由時間です。書いて、遊んで、読み返して、また書いて。そんな時間を過ごそうと思います。

 

ではこれにて。

 

 

author:深谷みどり, category:徒然, 17:22
comments(0), -
Comment