RSS | ATOM | SEARCH
「宝石商リチャード氏の謎鑑定」を読んで。

JUGEMテーマ:小説全般

 

 

以前から気になっていた小説を購入して、読みました。

友達から伝わってきていたんですよね。とっても面白い小説があるよって。

 

だから今日、購入して読んでいたらあっという間にこんな時間になっていました。

とっても面白かったのです!

 

わたしは宝石を持ってないし、そもそも興味はないのですけれど。

それでもこの本に登場する宝石にまつわる話を興味深く感じました。

 

シリーズ一作にあたるこの本には、割とメジャーな宝石が集まってて、そのメジャーな宝石たちに導かれるように、描かれている物語をとっても新鮮な気持ちで読んでいました。それと素直に、そうか宝石にはいろいろな物語が纏わるのだな、と感じたり。

 

最期に登場したダイアにまつわる話では、わたしも亡くなった祖母を思い出していました。

キラキラ光っていたダイヤの指輪を祖母も愛していたなあ、と思い出し、切ない気持ちにもなりました。

 

あとね、主人公くんとリチャード氏のやりとりが面白いです。

 

なかなかうかつなところも多い主人公くんですけれど、そのうかつさも愛すべき短所というか。

でも時々、本気でイラッとさせられているリチャードさんにお疲れ様、という気持ちにもなりました。

 

続き出てるんですよね。

何冊まで出ているのかわからないけれど、二人のやりとりを追いかけていきたいなあと感じました。

 

 

 

author:深谷みどり, category:書籍, 19:01
comments(0), -
Comment